大工の求人は様々なタイプを考慮して自分のできるものを

リフォームの効果を知って専門業者に依頼しよう

派遣料が高い

施工管理者の派遣料は他の業種より高くなっている

建設業界が活況を呈していることもあり、施工管理要員の不足が顕著となっています。建設会社は施工管理の資格保有者がいないと工事を受注しても仕事を進めることが出来ません。建築基準法では一定の金額以上の工事には資格保有者を常駐させなければいけません。建設会社の依頼を受けて派遣会社では登録されている資格保有者を施工管理者として派遣していますが、現在のところ建設会社の養成に応えきれていないのが実情です。インターネットでは毎日のように施工管理者の募集をしています。派遣の条件も月ごとに給与が上昇を続けていますが、しっかりした反応が見られません。従来派遣登録をしていた建設会社のOBは現在の繁忙度状況の下で建設会社から直接声がかかるケースもあるようです。

今後もしばらくは人手不足の状況が続く

建設業界の活況は2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでは続くのではないかと言われています。復興需要が本格化すると同時にオリンピック・パラリンピックの関連施設の建設やインフラの整備、また、訪日客の増加を想定しての宿泊施設の建設などが2020年まで継続すると予想されています。施工管理者となるための資格取得には一定の業務経験が必要となりますので、今すぐに資格者を増やすことは現実的ではありません。資格を持ちながら年金生活を暮している人はたくさんおりますので、働き方を工夫することでなんとかこうした人たちに施工管理の場に出て来てもらう必要があります。現在の日本では国内の資格取得者しか認めておりませんが、海外で同様な資格を取得した人も認めることも対策としては有力です。

↑ PAGE TOP