大工の求人は様々なタイプを考慮して自分のできるものを

リフォームの効果を知って専門業者に依頼しよう

人材不足

建設業界は技術労働者が不足している

建設業界は東日本大震災の復興工事の本格化や東京オリンピック・パラリンピックの誘致決定による施設建設や関連インフラの整備などで超繁忙状況が続いています。特に技術労働者の不足が顕著で大工の求人も増加しています。技術を持っている大工にとっては求人情報の中でより良い条件を探す絶好のチャンスになっています。求人をしてもなかなか集まらないのが現状で大工の一日当たりの日当も大幅に上昇しています。こうした環境の下でゼネコンの中には自社で大工を育てようという動きも出て来ています。中学や高校を卒業したばかりの若者を集めて技術の伝承をしていこうというものです。若者にとっても技術の習得に加えて卒業後の仕事の見通しが立つので歓迎です。

技術のある大工の賃金は上昇している

建設業界の超繁忙と技術労働者の大幅な不足によって派遣業界でも建設労働者、特に大工など技術を持った職種の求人広告が増加しています。賃金の推移を見ていると毎月のように金額が切りあがっていることが見て取れます。大工の世界も日本全体の高齢化の減少と同様で作業員の老齢化が顕著となっています。作業そのものは工場製作の増加やプレハブ化で作業効率は上がってきていますが、肝心なところではまだ、経験と勘に頼るところがありますので、経験の多い大工は貴重な存在です。自社で大工を養成しているゼネコンでは即戦力ということで出来るだけ早く現場で作業が出来るようにスケジュールを急いでいるのが実態です。こうした努力は今のところ一部なので業界をあげての対応が必要と思われます。

↑ PAGE TOP