大工の求人は様々なタイプを考慮して自分のできるものを

リフォームの効果を知って専門業者に依頼しよう

編集の仕事

DTPの雇用形態と求人状況

DTP(Desktop Publishing/デスクトップパブリッシング)とは、日本語で机上出版や卓上出版と訳されます。仕事内容は、書籍や雑誌などのデザインやレイアウトの作業をコンピューター上で行い、完成したデータを印刷会社で刷って出版します。 DTPでは、インターネットを使ってデータのやり取りができるため、会社に通勤する必要もなく在宅勤務が行えます。多様な労働形態が広がっている現代において、DTPの需要は増加してしており、求人も多くあります。 DTPの仕事に就くためには、パソコンでデザインやレイアウトができるソフトウェアの使用経験が望まれています。在宅の求人では経験者を、通勤の求人では経験者及び会社によっては指導してくれるところもあるので、初心者でも応募できます。人気の職業のため、求人倍率は平均して高いです。

DTP求人はオペレーターであれば初心者でも可能な場合があります。

DTPの求人に応募するには、実績が必要な場合がほとんどです。この実績とは、クライアントに提案を行う話術や、デザインの見せ方、色の効果などを知る事が必要です。初めて行う方にとっては実績が無いため、採用されるのは厳しいとも言える内容です。 ただし、DTPの求人の中でオペレータとなれば、初心者でも可能な場合があります。オペレータとは、DTPデザイナーがデザインしたカンプを元に、実際にソフトを利用して組み立てる作業をする人です。ただし、一般的に利用されているグラフィックソフトが利用できるだけではいけません。画像と文章を挿入しながら組み立てる組版のソフトが扱える事が必須です。 DTPの知識を持ち合わせている事を示すために、最低限、DTPエキスパート認証試験による資格は持ち合わせておく事が重要です。この資格を持ち合わせていれば、多少求人に対して優位になる可能性があります。 WEBサイトを独自に立ち上げ、デザイン力のある内容で制作を行い、それを見てもらえれば求人に優位になる可能性もあります。

↑ PAGE TOP